相続の基本

気になる料金についてですが
道南・札幌地域の特性も考慮した上で算出いたします。
このページでは1つづつ丁寧に説明していきたいと思います。

●相続手続き料金表

当法人の料金体系は、地方特有の事情(例えば不動産の評価額が首都圏と比較して低額であるなど)を考慮して、トータルで何円という表記をしておりません。トータルでいくらという表記は、不動産の評価が低い場合はかえって高くつく場合が多いからです。
そこで、下記表の見方ですが、
司法書士の報酬は、次の「1.不動産の名義変更手続き報酬」と「2.名義変更に付随する報酬」を足した合計です。
その他に 登録免許税、戸籍謄本等の実費、不動産登記事項証明書取得の登記印紙など実費が加算されます(その料金はこちらをご覧ください)。

1.不動産の名義変更手続報酬

※表示金額は全て税別です。

所有権移転手続き1件につき

不動産の固定資産評価額の合計

基本報酬額

物件個数加算

~500万円以下

32,600円

不動産が1つ増えるごとに1,000円を加算する

500万円超~1000万円以下

36,000円

不動産が1つ増えるごとに1,000円を加算する

1000万円超~2000万円以下

39,200円

不動産が1つ増えるごとに1,000円を加算する

2000万円超~3000万円以下

42,400円

不動産が1つ増えるごとに1,000円を加算する

3000万円超~4000万円以下

45,600円

不動産が1つ増えるごとに1,000円を加算する

4000万円超~5000万円以下

48,900円

不動産が1つ増えるごとに1,000円を加算する

5000万円超~1億円

基本報酬48,900円に1000万円までごとに3,230円づつ加算する

不動産が1つ増えるごとに1,000円を加算する

1億円を超える場合

基本報酬65,000円に1000万円までごとに2,450円づつ加算する

不動産が1つ増えるごとに1,000円を加算する


司法書士の報酬は登記手続き1件について基本報酬が発生しますので、例えば相続人が複数名いてそれぞれの相続人が別々の不動産を取得する場合所有権移転手続きが複数になります。その場合、所有権移転手続きごとに上記基本報酬+物件個数加算=司法書士報酬が発生します。

↑ページトップへ

2.名義変更に付随する報酬

※表示金額は全て税別です。

(1)相続調査

戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍、住民票、徐票などを取得する費用
1官公庁1請求(1件)あたり2,000円
但し、同時に2請求以上のときは1請求増すごとに上記2,000円に1,000円を加算する

(2)相続関係書類作成

遺産分割協議書、遺産分割協議証明書、相続分がないことの証明書、相続関係説明図 などを作成するのに要する費用
1書面当たり5,000円(財産の多寡にかかわらず定額料金です)

(3)登記事項証明書取得費用

1官公庁1請求(1件)あたり500円

↑ページトップへ

●遺産分割調停申し立てに関する報酬

※表示金額は全て税別です。

 

実費

報酬

初回作成

15,000円

50,000円~

追加作成

1回につき5,000円。
但し、2万円が上限

追加初回20,000円。
追加2回目以降10,000円

※裁判所に提出する印紙・予納郵券の費用は別途納めていただきます。

●相続放棄申述書

※表示金額は全て税別です。

相続人1名につき20,000円

●金融機関等への手続きの際の同行サービス

※表示金額は全て税別です。

1金融機関につき20,000円

●自動車名義変更料(行政書士による)

※表示金額は全て税別です。

手数料540円 報酬10,000円(1台あたり)

●登録免許税などの実費(報酬ではありません。自分で手続きしてもかかる費用です)

(1)登録免許税

固定資産評価額(1000円未満切り捨て) × 0.4% ≒ 登録免許税

(2)戸籍謄本など

現在事項 1件450円
閉鎖事項(改製原戸籍、除籍)  1件750円
住民票 1件300円~400円(市町村で若干の差があります)

(3)登記情報提供サービス

1物件335円

(4)登記事項証明書

1物件480円

↑ページトップへ